検索
  • 古屋 憲孝

オーガニック海藻とAlgAran 社の取り組み


オーガニック海藻とは?

日本では有機野菜などは一般的に認知されてきましたが、「オーガニック海藻」はあまり知られていません。海藻類は”農産物”ではないため、有機JAS認証の対象とはなりませんが、海外ではちゃんと「オーガニック海藻」が存在します。


こちらの商品はアイルランドのオーガニック認証機関”Organic Trust”によって認証されています。(Organig Trust Ltd. License No. 778)”Organic Trust”とは、アイルランドの農水省やイギリスの環境食料農林省、欧州委員会により正式に承認されているアイルランドのオーガニック検査認定機関です。


収穫場所は放射能、化学的、細菌学的汚染のないクリーンな水域、欧州議会WFDによって承認された環境的に良質(クラス1又2)の水域に限られています。

アイルランド北西部ドネガル地方は、内陸からの河川がほとんどなく、工場や家庭排水、農薬による汚染水が海へ流れ込む心配がありません。

さらに、この海域は非常に波が荒々しく、大型船でも近づくことができず、船舶の運行に伴って生じる汚染がありません。

海藻は自然環境を壊さない持続可能な採取計画を立て、モニタリングを提出しなくてはなりません。加工過程で有害な煙やガス等との接触は認められず、化学薬品は使用できません。 AlgAran社では手作業による収穫後、豊富な栄養を逃がさないよう低温で天日干ししております。


海藻に魅了され、46歳でアイルランドに移り住んだイタリア人Rosaria

社長Rosariaは海藻に魅了され、46歳でアイルランドに移り住む前、イタリアのRosariaはもともとイタリアのワインメーカーで働いていました。


その当時、葡萄の実を大きくさせる天然の肥料として使われていた海藻に出会い、海藻のエキスを抽出していたアイルランドの会社を訪問します。 海藻のまだ秘められた薬用性の研究に打ち込むようになった彼女えすが、癌で苦しむ友人を助けることには間に合いませんでした。この友人の死を境に、彼女はフルタイムを海藻ビジネスに捧げることに決めます。

その後、2004年にアイルランドに永住し、会社AlgAranをスタートさせます。彼女はビジネスは栄養をあげながら大きくする、赤ちゃんを育てるようなものと表現しています。

(▲持続可能(サスティナブル)な収穫)

2008年にはヨーロッパで初めて海藻でオーガニック認定を獲得し、クリーンな海と持続可能な収穫を掲げ、海藻の食品や化粧品などの製品作りに取り組んでいます。


2011年からもともと海藻を食べる文化のある日本への輸出をはじめたRosariaは女性として、日本の健康は子供を育て家族を支える女性たちにかかっていることを伝えたいとおっしゃっています。彼女の思いに共感する日本人も多く、美味しくて安全で健康なオーガニック海藻がさらに日本の食卓に並ぶことを目指しています。

(▲2008 年ヨーロッパで初のオーガニック認証獲得の海藻製品 )

~ オーガニック海藻紹介 ~


「 DULSE (ダルス)」

紅色の海藻です。タンパク質やミネラル、食物繊維の含有量から、ケールに代わるスーパーフードになると注目されています。 オレゴン州立大学での養殖が注目されておりますが、オーガニックのダルスは大変貴重です。

熱を加えるとベーコンのようなスパイシーな風味がでるため、揚げたものは現地では子供たちの健康スナックです。 パンやスコーン、焼き菓子にも良く合い、鮮やかな色はサラダに入れても映えます。


【食べ方】

左:焼き菓子に。チーズスコーンとの相性も抜群です。

右:サラダにはもちろん欧米ではバゲットに挟むなど



【メディア情報】

TV 放映から雑誌まで日本でも一気に注目が高い商品です。

日テレ世界一受けたい授業、世界不思議発見等。



「 IRISH MOSS(アイリッシュモス) 」


抗ウイルスの去痰薬、つまり風邪予防や喉にとても良いと愛され、欧米では以前からムースやゼリーの材料として使われていました。最近ではスープ、サラダ、デザートと幅広いレシピに用いられる事から多くのベジタリアンの間で、又ローフードとして非常に人気が高まっています。


【食べ方】

左:ローフーディストの中では長年愛されています。動物性のゼラチンの代替に。

  寒天のように曇りがなくクリアなプディングができます。

中:ナッツ系ミルクなど使えば煮詰める方法だと簡単にビーガンスイーツができます。

右:とろみを生かしてリゾットにも。炊き込みご飯に入れると風味とともに艶がでます

「 SEA SPAGHETTI (シースパゲッティー)」


日本では初めて目にする方が多いシースパゲッティですが、アイルランドやイタリアの海藻ファンの間では人気の食材です。 “通常”のスパゲッティやチーズとの相性が良く、見た目のユニークさから食卓が楽しくなる海藻です。

小さく切って洋風のシチュ ーや炒め物には勿論ですが、実は和食でも大変重宝します。 お味と食感は、「ひじき」や「めかぶ」のような。

和風の煮物の材料にぜひ一度お試しください。


【食べ方】

左:熱を加えてもパスタに敢えて。

中:流行のベジヌードルと一緒にローパスタ(冷製)

右:マリネとしてもおすすめ


「 ダルスフレーク&ミックスフレーク 」


食塩無添加。好みにあわせて他の調味料と合わせてお使いになれば、お料理の幅も広がります。 ごはんのふりかけはもちろん、パスタやスープにかけても美味しくお召し上がりいただけます。


【食べ方】

左:ご飯のふりかけ

中:クラッカーにクリームチーズをのせ、振りかければアペタイザーに

右:流行のオイルおにぎりに

(ヘンプシードオイルとヘンプシード、ブラックセサミ、オーガニック海藻ふりかけ)


「SEAWEED MIX ミックス海藻 」


ダルス、アイリッシュモス、シースピルリナ、ワカメをほどよくブレンド。 焼き菓子などデザートやお菓子にも海藻は応用が無限大です。


【食べ方】


左:味噌入り海藻シフォンケーキ

中:オーガニック海藻入り酒粕クッキー

右:いつもの味噌汁が豪華に。炊き込みご飯にも

ALGARANとは

海藻に魅了され、46歳でアイルランドに移り住んだイタリア人Rosaria。 2008年に彼女の会社AlgAranはクリーンな海でのサスティナブルな収穫から、アイルランドのオーガニック検査認定機関Organig Trustよりヨーロッパで最初の海藻オーガニック認定を獲得します。 彼女の思いに共感する日本人も多く、美味しく安全で健康なオーガニック海藻が日本の食卓に並ぶことを目指しています。


オーガニック認証

以下はEUオーガニック委員のNaturelandによるオーガニック海藻の主な基準指針です。現在も各EU認定機関がガイドラインとしています。


モニタリング

■収穫による自然環境への影響をモニタリングするフィードバックの仕組みを取り入れる。


収穫方法

■海藻やその生息環境にダメージを与えぬよう最大限の配慮が必要。器械を用いた収穫は、環境への悪影響がないという実証がない限り認められない。 ■収穫後は、海藻の乾燥に直火使用は禁止。有害な煙やガス等との接触は認められない。 ■加工過程で化学薬品の使用を禁ずる。


日本総代理店

有限会社 フルヤ物産

東京都豊島区南池袋2-49-7

池袋パークビル1階

03-4405-8519

お問合せはこちらから

34回の閲覧
  • Instagram
  • Black Facebook Icon

© 2019 furuyabussan,inc.

​東京都豊島区南池袋2-49-7 池袋パークビル1F